2009.02.19

何を今更

何を今更、ですが…

ここ1年ほど、日記は全てmixiの方に書いています。
私の本名をご存知の方は、mixiで検索してアクセスしてください。
ただし、「友人のみ」のアクセス制限かけています。
私をリアルでご存知のご遠慮なく方はマイミク申請して下さい。

ちなみに「けん」は新字体(ごく普通の自体そのまま)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.12

札幌にて

4/11(金)出張で札幌へ。
4/12(土)の朝、T兄とともに札幌に住むK大オケの先輩M兄、N兄と会う。札幌駅の特産品コーナー的なところで、お茶。「オホーツクおこっぺ牛乳」を飲む。興部(おこっぺ)は行ったことがあったかな、通過しただけだったか…。

均一化処理をおこなっておらず、かつ低音殺菌。おいしい!!!!
Dscn2061s

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.03.14

Alte Oper でドボ8

3/13(木)続き

というわけで、Alte Operに向かった。
hr-Sinfonieorchester(旧フランクフルト放送交響楽団)のコンサート。指揮はペンデレツキ。Jungekonzertということで、学生か子供しか入れません、とチケット売り場で言われたが、困った顔をしていたらチケットを売ってくれた(笑)。ちなみに次の日(3/14)に同じ演目で正式なコンサートがある。

ホールの中に入ったら、「何だ、結構おじさんおばさんおじいさんおばあさんもいるじゃない!」

Dscn1993s


というわけで、1曲はなんだかよくわからない行進曲、2曲目はペンデレツキのビオラ協奏曲をチェロにアレンジした協奏曲(?)の自作自演、3曲目はドボルザーク交響曲第8番を楽しんだ。
コンサートはJungekonzertというだけあってくだけた雰囲気。1stVnの2プルト目のInのおばさんの髪の毛がすごくて気になってしょうがなかった。(このおばさんは1曲目で入場するのが遅れて、拍手で迎えられた(笑)。)

ところで、ちょうど1年前に同じ場所、同じオーケストラで聴いた曲がマーラー交響曲第9番。

ドボ8とマラ9という組み合わせには因縁を感じる。K大オケに入ったときの夏の演奏会のメインがドボ8、冬がマラ9(どちらも客席で聴いた)。卒業して、後輩たちがドボ8を演奏した次の演奏会がマラ9。そしてH響でドボ8を演奏した次の演奏会がマラ9。

今度の演奏会でドボ8をやる大学オケが近くにある(笑)。さて次の演奏会は?(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バルセロナ→フランクフルト

3/11(火)
お仕事の後、夕食はLos Caracoles(「かたつむり」という意味)に。Arroz Negro(イカ墨のパエリヤ)を食べる。ニコニコ。
Image126

3/12(水)
朝、4時半に起きてチェックアウト。4時45分にタクシーに乗り、5時過ぎに空港に到着。AF5895リヨン行き。席が「01C」だったので、インボラUPか?と思ったが、単にモノクラスで早くチェックインしただけのことだったらしい。
リヨンで乗り換えたフランクフルト行きAF5880はさらに小さい飛行機で、機体には「Bonbardier」の文字が!ちょっとドキドキ。フランクフルトは強風のため、到着直前に非常に揺れて更にドキドキ。11時ごろ到着。
ホテルにチェックインして少し休んで、お仕事に(Musikmesse見学)。
夕食はRömerbergのドイツ料理屋で会社の人たちと。
Dscn1911s

3/13(木)
お仕事の後、Hauptwacheに買い物に行くが、買いたいものは見つからなかった。
Hauptwacheの東の方、Konstablerwache近くの蚤の市風のところで、キノコがたくさん売られていた。その中には、「Shiitake」という表示のものもあった。この店で、キノコのスープとキノコの炒め物?が売られていた。滋味あふれる味で、大変美味しゅうございました。
Dscn1983s
Dscn1982s
Dscn1984s

その足で、Alte Operに向かう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.12

バルセロナ

3/9(日)続き
ハンブルクの空港からパリ経由でバルセロナ到着。パリの空港の乗り継ぎが45分しかないので、心配したが大丈夫だった。今回はCheck-in Luggageは無しで全部機内持ち込みにしたので、ロストする心配もない。
夜遅かったのでホテルに着いてすぐに寝た。

3/10(月)
昼間はお仕事。夕食は久しぶりのEl Gran Cafeにて。
Dscn1887s

パエリヤはちょっと塩辛かった。
Dscn1889s

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ハノーバーにて