« Bons Vouex | Main | 自宅サーバ »

2004.04.19

有度部牛麻呂

有度部牛麻呂の歌のページを発見。中学のときに国語の時間に習った歌であるが、「今ぞ悔しき」か「今ぞ悲しき」のどちらだったかあやふやになっていた。「悔しき」だと知って一安心。
この歌は万葉集に載っている歌である。名前の通り、有度地区出身の防人かとずっと思っていた。しかし最近見たページでは(残念ながらデッドリンクになっている)明治以前は「有度」という名前は旧有度村だけではなく、合併後の静岡市南部全体の地域(つまり三保から日本平、安倍川下流に至る地域)が「有度郡」と呼ばれていたらしい。駿府公園あたりも有度郡であった。
明治になってから有度郡が安部郡と合併し有度村は「安部郡有度村」となった。

|

« Bons Vouex | Main | 自宅サーバ »

Comments

久しぶりに古語辞典などひいてみました。「悔しき」は「ぐぐ、悔しい」ではなく、「残念だ、悔やまれる」の意味ですね。いまならさしずめサマワに派遣された自衛隊員がこんな気持でしょうか。
 ついでに「うつ」を見ると「空っぽ、うつろ」という意味と「まるまる全て」の二つの意味があるそうです。「宇津の谷」、なにやら趣きのある地名ですね。

Posted by: まろ | 2004.04.20 at 07:45 PM

まろさま:
Webで調べた範囲では、うつ、うとう、という地名は、窪みであるとか凸凹であるとかそういうところにつくようです。
でも、北海道の「ウトロ」とか「ウトナイ」という地名から考えると、ひょっとしてアイヌ語起源、などと思ったりもします。

Posted by: HK | 2004.04.22 at 12:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21802/461916

Listed below are links to weblogs that reference 有度部牛麻呂:

« Bons Vouex | Main | 自宅サーバ »