« 方言・楽譜への書き込み | Main | 指摘マン »

2004.04.06

老人と子供のポルカ

先週の週刊文春に、「『老人と子供のポルカ』が今度新しくカバーされることになったが、原曲はすでに廃盤となっている、ただし『青春歌年鑑』というオムニバス盤には収録されている」と書かれていたのを読み、さっそくそのCDをアマゾンで購入した。

「老人と子供のポルカ」は、「やめてけれ」ではじまるあの曲である。オケでロッシーニの「セビリアの理髪師」をやるときに、いつもこの「やめてけれ」の曲に似ている、似ていないの話になるので、いつかは原曲を聴きたいと思っていた。聴いてみると、音作りが古風というかいいかげんというかなんと言うか、そのへんでマイク一本でエイヤで録音したような雰囲気である。早速覚えたことだし、カラオケの時のネタにしよう。
ちなみに「やめてけれ」と言っているのは、一番が「ゲバ」二番が「ジコ」三番が「スト」。「ゲバ」や「スト」が来るあたりに時代を感じさせる。今なら「やめてけーれテロテロ」かな?

このCDには他にも「ドリフのずんどこ節」や「黒ネコのタンゴ」ほか30曲入っていてお買い得感がある。由紀さおりの「手紙」も入っているのには驚いた。この曲は、物心つく前の私が親戚の結婚式でマイクを離さず歌いまくったらしい。この曲の歌詞を良く考えると大顰蹙な行為であった。

この「青春歌年鑑」シリーズは他にもいろいろな年のものが出ている。全部そろえると3万円以上になるのでとても無理だが、「YOUNG MAN」「ガンダーラ」「いい日旅立ち」「夢想花」「燃えろいい女」「銀河鉄道999」などが入っている79年などはぜひ欲しい。

|

« 方言・楽譜への書き込み | Main | 指摘マン »

Comments

ゲバってそういう意味だったんですね。「ゲバゲバ45分」もそういう意味でしょうかねぇ。そのCD是非聞きたいです。お宅にお邪魔すると聞きたくない人でも聞く運命になるとは思いますが・・・。
テロテロいいですね~
「やめてけ~れラチラチ」ってのはどうでしょう。

Posted by: 茶々丸 | 2004.04.06 at 02:27 PM

 ウチには「その手」のシリーズが2セットあります。
最初に購入したのは長男に、次に買ったのは次男に取られました。
 ここら辺の「教養」がないと、ドリフの「時事ネタ」が判りません。

 歌詞が「5・7・5」調なので幼い子にも歌いやすいらしい。
かまやつひろしの「我が良き友よ」が次男のレパートリです。
 が、「女郎や」というのがボキャブラリーになくて、そこだけムニャムニャ歌っているのが大笑いです。

Posted by: 酒乱 | 2004.04.06 at 09:49 PM

(上記のコメントに「昔の歌は」という一行を付け加えておいて下さい)

Posted by: 酒乱 | 2004.04.06 at 10:42 PM

青春歌年鑑シリーズ、会社に全部あります。
全種類です、すごいでしょ。コピーしたいかた申し出てください。
(笑)

Posted by: しおとと | 2004.04.07 at 12:53 PM

全部あるなんてすごい!
でもコピーは駄目ですよー。(一応ね)

Posted by: HK | 2004.04.07 at 01:39 PM

画像掲示板注意書きのポルカ

やめてけーれモロモロ
やめてけーれロリロリ
やめてけーれグログロ

Posted by: 鯛 | 2004.04.08 at 10:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21802/403643

Listed below are links to weblogs that reference 老人と子供のポルカ:

« 方言・楽譜への書き込み | Main | 指摘マン »