« April 2004 | Main | June 2004 »

2004.05.25

麦畑

通勤中に袋井の郊外(宇刈や山梨の北の方)あたりを走っていると、黄金色の光景が広がる。5月なのに何だろうと思ってスピードを緩めて見ると、麦だ!
0405250851.jpg 0405250829.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.05.23

H田さんご来訪

H田さんがご来訪。朝霧高原の道の駅で買った鶏肉ガーリックをつまみながらワインを飲んだ。
0405232200.jpg
「ラヴァルスいいなー」とか「どこかにビオラ落ちてないかなー?」とかいう話をした。11時ごろ終了予定が12時を過ぎてしまった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

初めてのビオラ

「ビオラ 弓 セット」で検索をしたところ、このサイトにたどり着いた。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

農協BBQ

フラックスクラブ(JAしみず有度支所の若い組合員の集まり、といってもみんなおじさん)の地引網の予定だったが、生憎の荒天のため、興津川河口近く(R1バイパスの橋の下)でバーベキューに変更。寒かった。有度支所の職員の皆さんも多数参加。
0405230956.jpg
スイカ割りも行われた。
0405231123.jpg 0405231101.jpg
来年は晴れるといいな…。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.05.17

「どこ似て」バックナンバー

「老人と子供のポルカ」で検索したところ、NHK-FMの「気ままにクラシック」の「『どこ似て』バックナンバー」にたどり着いた。「老人と子供のポルカ」と「セビリアの床屋序曲」は「ホームラン」だそうである。
他にも色々飲み会のネタに使えそうなものがちらほら。笑ったのは「ハクション大魔王」。判定はファウル。カーン!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

架空請求キター

ついに、というか2度目であるが、私のところにも架空請求のはがきがやって来た。「ご注意」と称して「弊社は最近多発している悪質な架空請求の業者ではありません。」とヌカしているのが笑える。ただし今回のは、ちゃんと印刷された葉書であるのが曲者で、だまされて電話してしまう人もいるかもしれない。でもこんなりっぱな印刷では、印刷屋をあたればすぐアシがついてしまうのではないだろうか?
「架空請求」で調べてみたところ、こんなサイトを見つけた。このサイトの掲示板を見てみると、この業者のことを投稿している人がたくさんいた。発送No. や請求コードも同じなのが笑える。ま、週末に警察にでも行って届けてこよう。
kakuu

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.05.15

校歌改竄

古いアルバム等を見ているうちにあることに気がついた。
左側が昭和XX年の清水市立第7中学校の卒業アルバムに載っている校歌である。右側が、「清水市立第7中学校50周年記念誌」に載っている校歌である。
0405152041.jpg 040515204100.jpg
私が在学していた頃は、卒業アルバムにあるように確かに「ああ、ななちゅう、ななちゅうがっこう」であった。それが、最近では「ああ、ななちゅう、わがちゅうがっこう」となっているらしい。勝手に「ななちゅうがっこう」を「わがちゅうがっこう」に変えてしまうのは卒業生の一人として釈然としない。将来娘を通わせる時に、入学式や卒業式でこの歌詞で歌うのは違和感がある。
さらに驚くべきは、もともと2番までだったはずなのに、3番、4番が追加され、4番では「希望は広し清見潟」などという歌詞が入っていることである。
0405152042.jpg
有度村立有度中学校として発足した経緯を考えると、この歌詞「希望は広し清見潟」はあり得ない。作詞者の若杉雄三郎氏の了解なく、勝手に3番、4番を追加し、歌詞を変えたとなると、りっぱな同一性保持権の侵害である。改竄である。JASRAC様のデータベース(データベースへの直接のリンクはご遠慮くださいとのことである)で調べると、若杉雄三郎氏の著作権もまだまだ生きている。こういうことにこそこの団体はがんばっていただきたい。

「50周年記念誌」をいろいろ見てみたが、「XX年 校歌を変更」という箇所を見つけることはできなかった。おそらく何も考えずに軽い気持ちで歌詞を変えて、3番・4番を適当に追加したと思われるが、校歌にはその学校を卒業していった者の思いが何年もの間にわたってこめられているのである。卒業生の一人として釈然としない思いである。

いっそのこと、せっかく合併したのだから、旧清水地区の中学校の学校名も「静岡市立清水XX中」というのをやめて、例えば「静岡市立有度中学校」とすれば良い。そして、校歌も45年前に戻して「ああ有度、有度中学校」とすれば良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夕食

夕方、弟一家がやってきて芋掘り。今日は弟の次男および三男の誕生日なので、夕食はみんなで母屋でとる。
ジェノベーゼソースのパスタを作って持っていった。母屋からは、宅配ピザのほか、たらの芽の天ぷらとキスの天ぷら。
0405151843.jpg 0405151846.jpg
掘ったばかりの芋もこのように。飲み物は Mouton Cadet。このワインは値段の割に高級な味がする。
0405151847.jpg 0405151845.jpg
シロ様も子供たちを避けて,このように台所の片隅で夕食。
0405152025.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポスター貼り・平川地一丁目

午前中、床屋に行って、髪を切って染め直し。「ちょっとだけ暗めに」と注文したのにだいぶ暗くなってしまった。ま、そのうち抜けるでしょう。
0405152238.jpg
午後は散歩がてらS水フィルのポスター貼り。狐ヶ崎駅をおりたところの某自治会の掲示板がまるごと空いていたので2枚張ってしまった。2枚並べて貼ると良く目立つ。ポスター貼りの途中で「ルネ」で休憩。いちごショート。
0405151534.jpg 040515154300.jpg
このケーキ屋は、平川地一丁目が住んでいた古本屋の跡地にある。以前その古本屋で何冊か本を購入した記憶がある。その時、小さい子供がいたようないなかったような。そういうご縁(というほどのものでもないが)もあるので、せっかくなのでということで、しばらく前にCDを購入しようと思ったが、ジャケットを手にしてレジに向かう途中でCCCDだとわかったので、購入するのをやめた。iPodに入れられないCD(モドキ)では買っても結局普段の生活の中で満足に聴くことはできないので、購入する気にはなれない。(私はCDを買うと、iPodに入れて通勤途中にカーステで聴くのが普通である。) Sニーミュージックはこういう顧客層も存在するということを理解しているのだろうか。
ところで、平川地一丁目は(ホームページのドメイン名もそうだが)(「ひらかわ」という読みが気になる。清水の平川地(静岡市清水平川地)であれば「ひらかわ」である。とは言っても、佐渡に行っても清水のことを思い出してグループ名にこの名前を付けてくれたのにはじんと来る。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

祝! 静鉄ダイヤ改正

明日16日より静鉄のダイヤが改正される。これは非常にありがたい。今までは、JR草薙駅の上り最終(23:47)と最終の1つ前の電車(23:19)で帰ったときは、草薙駅からタクシーか徒歩だったが、これからは23:19の時は静鉄で帰れる。どうせなら最終の上りJRとも接続される電車も設定して欲しかったが、現状に比べたらかなり便利になるのは確かである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.13

純正律

必要に迫られて純正律を調べた。音階のこのへんの話は昔凝ったのだが、すっかり忘れてしまって、長3度を平均律に比べて何セント狭くしたら良いかすら忘れてしまった。
いちばんまとまっているのはこのあたりか?
ここも面白そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天下一品

午前中は中沢町だった。午後から豊岡村なので昼休みに移動。坦々麺に寄っていこうかと思ったが、無性に天下一品のラーメンが食べたくなり、柳通り経由で天下一品浜松船越店で、「こってり青ねぎ入り」を食べる。
0405131158.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.05.12

H響ドボ8練習

H響の練習日。最近良いルートを開拓したので、豊岡村をかなり遅めに出ても結構な時間に着く。
松岡先生でドボ8初練習。例の場所に関して「ここは葬送である。ビオラは安っぽくならないように。木管のメロディーはテヌートで。」
例の着メロをH響向けにカスタマイズしないと!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.05.09

河口湖にて

河口湖畔の民宿「やすらぎ荘」にて、S水フィルの合宿。合宿の内容はこんな感じでした。こんなこともありました。こんな報告もこちらにもこちらも忘れてはいけませんね。(トラックバック送りました) こちらも先ほど(5/11 PM11:30)確認。
楽しかったが疲れて、月曜日にお腹の風邪をひいて熱が出てしまった。

近くにあった面白い店。(モスバーガーとラーメン屋が一緒になっている)
0405091146.jpg
ハンバーガーとラーメンが一緒に食べられるとどんな幸せがあるのだろうか? 「私ハンバーガー」「お父さんはラーメンがいいなー」「そうだあそこの店に行こう!」というのを狙っているのか!? 清水にある某S与系のアミューズメント施設の昔K-MIXでやっていたCMを思い出してしまう。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.05.05

着メロどろぼうかささぎ

雨だったので、どこにも出かけずに昼寝をしたり着メロを作ったり。
本日は「どろぼうかささぎ」や「グレート」の第4楽章を作った。
欲しい方はこちらからどうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.05.04

甲賀 忍術村

帰りは名神で帰ろうかと思ったが、どうせ渋滞するのだからと思って栗東から国道一号線で行くことにした。せっかくだから、一号線沿線のどこかに寄っていこうと思って地図を見ると、甲賀町に「甲賀忍術村」というのがあったので、立ち寄る。からくり屋敷を復元した建物もあり、なかなか楽しめた。雨だったのが残念。
0405041205.jpg
ちなみに甲賀は「こうが」ではなく「こうか」と地元の人は呼ぶらしい。看板も「KOUKA」となっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.03

先輩会オケ

毎年5月3日はK大オケのOB会の日。それにしても「先輩会」という名前は改めて考えるとおかしな名前である。
午後1時からお遊びで、コリオラン序曲、「ヘンゼルとグレーテル」、ベー8(決して「ベト8」ではない)、古風なメヌエット、アンダーソン数曲、イタリア奇想曲、ブラ4。ハマノでくつろぎ過ぎたので、ベー8の途中から参加、冷や汗をかいたので休憩してあとはブラ4を弾いただけでおしまい。
0405031439.jpg
集会所外のイチョウ並木は健在。あの火事からもう8年。北側のいちょう数本には火事で焼け焦げた痕が未だに残っているが、りっぱに葉が茂っているのは素晴らしい。
0405031512.jpg 0405031513.jpg
18:00からパーティー。
その後は「ねじ式」で19回生コンパ。ねじ式はお好み焼き屋になっていた。
「ねじ式」の後は、出町柳の柳月堂へみんなで行く。数年前に、“Kleiber Bar”という名前のダベリスペースができて、深夜もバーとして営業するようになったらしい。八幡市民オケでブラ1をやるというので、M尾兄が「何でも良いのでブラ1を」とリクエスト。かかったのはトスカニーニのブラ1。4楽章最後のティンパニの「ウソ叩き」にみんな大爆笑。
その後、O川兄がセル/クリーブランドのブラ4をリクエストし、かけてもらっているうちに12時を回ったのでお開き。
来年も再来年もずっと回生コンパが続けられるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都

ホテルを出発し、京奈和道路+一号線で京都市内へ。12時半ごろ東山近衛界隈に到着。
カフェドハマノでミックスサンドとカツサンド、そしてボロネーズを食べる。
0405031331.jpg 0405031338.jpg
以前に比べてサンドイッチのパンがかなり厚くなっているような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.02

柳生の里にて

午前中はホテルのプールで泳ぐ(というより水浴びの手伝い)。お昼前に柳生の里に出発。旧柳生藩家老屋敷で柳生名物「朴葉すし」を買って外で昼食。
0405021256.jpg 0405021302.jpg
家老屋敷の後は、芳徳寺へ。雲行きがあやしくなったので、早めに切り上げる。その後、369号線で奈良市街まで行こうとするが、渋滞していたのであきらめて、163号線経由で木津川を眺めながらホテルに戻る。笠置の川原でキャンプをしている人が多いことにびっくりする。
夜はホテルで焼肉。
0405022001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.01

関西方面へ

車で関西方面へ向かう。連休の初日なのである程度の渋滞は覚悟していたが、清水インターから乗ったらすぐに渋滞していたのには参った。事故も多かったようで、今日一日で3件の事故(および事故渋滞)に遭遇した。
0405011251.jpg
結局静岡県を出るだけで2時間近くかかってしまった。岡崎ICで東名を下り、一号線を通って伊勢湾岸自動車道経由で東名阪へ。御在所SAで昼食。
3時前に関宿に到着。ここは昔ながらの建物が注意深く保存されている。景観に非常に気を使っているのは、電柱や電線が見当たらないことからも良くわかる。景観が単に保存されているだけではなく、そこに実際に人々が生活しているのが素晴らしい。町全体が生きた博物館になっている様子は、まるでベルギーのブルージュのようである。GWというのにそんなに観光客も多くなく、観光地ずれしていないのも良い。江戸時代にタイムスリップしたかのような光景に感動。
0405011504.jpg 0405011511.jpg
これ↓はかつての旅籠「あいづや」。
0405011537.jpg
町の真ん中には郵便局があり、その横に高札場が復元されていた。ちょうど今日(5月1日)の午前中、復元の記念行事があったらしい。
0405011552.jpg

名阪国道を通って、京都府南山城村(というより奈良県月ヶ瀬村)のホテルへ。18:30頃到着。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

旧東海道

通勤路である原川-岡津間の松並木が紹介されているページを見つけた。「感動の松並木」だそうである。本当にこのあたりの風景はすばらしい。この道を使い始めたのは最近だが、秋になったらさらにすばらしい眺めになるに違いない。
旧東海道といえば、関宿もすばらしい所らしい。明日から奈良→京都に旅行に出かけるが、途中で寄るのも良いかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »