« 旧東海道 | Main | 柳生の里にて »

2004.05.01

関西方面へ

車で関西方面へ向かう。連休の初日なのである程度の渋滞は覚悟していたが、清水インターから乗ったらすぐに渋滞していたのには参った。事故も多かったようで、今日一日で3件の事故(および事故渋滞)に遭遇した。
0405011251.jpg
結局静岡県を出るだけで2時間近くかかってしまった。岡崎ICで東名を下り、一号線を通って伊勢湾岸自動車道経由で東名阪へ。御在所SAで昼食。
3時前に関宿に到着。ここは昔ながらの建物が注意深く保存されている。景観に非常に気を使っているのは、電柱や電線が見当たらないことからも良くわかる。景観が単に保存されているだけではなく、そこに実際に人々が生活しているのが素晴らしい。町全体が生きた博物館になっている様子は、まるでベルギーのブルージュのようである。GWというのにそんなに観光客も多くなく、観光地ずれしていないのも良い。江戸時代にタイムスリップしたかのような光景に感動。
0405011504.jpg 0405011511.jpg
これ↓はかつての旅籠「あいづや」。
0405011537.jpg
町の真ん中には郵便局があり、その横に高札場が復元されていた。ちょうど今日(5月1日)の午前中、復元の記念行事があったらしい。
0405011552.jpg

名阪国道を通って、京都府南山城村(というより奈良県月ヶ瀬村)のホテルへ。18:30頃到着。

|

« 旧東海道 | Main | 柳生の里にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21802/520713

Listed below are links to weblogs that reference 関西方面へ:

» 東海道中膝栗毛 ここは穴場だ! [休・人・欄]
三重県鈴鹿郡関町、ここは鈴鹿山脈の東麓にある人口約7000人の小さな町だ。 慶長6年(1601)年、徳川幕府の宿駅制度化により、東海道に53の宿場が設けら... [Read More]

Tracked on 2004.05.30 at 09:40 AM

« 旧東海道 | Main | 柳生の里にて »