« お墓参りほか | Main | お墓参り2→ハイリゲンシュタット »

2007.01.31

シュターツオーパー「ドン・ジョバンニ」

1月29日(月) 続き

そして、夜はStaatsoperでモーツァルト「ドン・ジョバンニ」
Dscn0901s
劇場に行くと、日本人多し。団体さんまで来ていた。

主な配役は
指揮: Peter Schneider
ドンジョバンニ: Bryn Terfel
騎士長: Ain Anger
ドンナ・アンナ: Richarda Merbeth
ドン・オッターヴィオ: Saimir Pirgu
ドンナ・エルヴィラ: Cellia Costea
レポレロ: Erwin Schrott
ツェルリーナ: Bori Keszei
マゼット: In-Sung Sim

オペラのことは詳しくないので、当然誰も知らない(笑)。

座席はParkett Rechts(平土間右側)の11列15番。ど真ん中よりちょっと後ろ。
座席から舞台を見たところ↓
Dscn0906s

風邪薬が効いて、途中若干眠くなってしまったのがもったいなかったけど、良い席で聴けて良かった。
中でもドンジョバンニが特にすごかった。圧倒的。終わった後ほとんどの人がスタンディングオベーション。レポレロもすごい。ツェルリーナは拍手たくさん浴びてたけど、声量少なく感じた。
昨日の劇場の内部ツアーのときに昨日の舞台セッティングをしていて(昨日の演目は「ファルスタッフ」)、舞台装置が「現代的演出」っぽかったので、今日の「ドン・ジョバンニ」も現代的演出か、と思ったら、いたって伝統的と思われる演出。

面白かったのは、第2幕のフィナーレの「ドンジョバンニ、メシ食いに来たぜ」のところで、しばらくすると客席の照明が若干明るくなったこと。舞台中央に大きな鏡があり、客席の照明(キャンドル型の小さなライトが多数)がその鏡に映りこみ、地獄の炎のように見える演出である。
また、1幕、2幕ともに宴会で楽隊が音楽を演奏するところは、舞台の上で本当に演奏していた。

休憩中にオケピットに行って観察。
コンマス席は奥の方だが、1st Vnは手前という配置になっていた。つまり、客席に一番近い列は1st Vn、ひとつ奥の一番指揮者に近いところがコンマス席、その後ろに2nd Vnが並ぶ、という配置。コンマス席だけ台が置かれていた。
Dscn0912s
コンマス席の譜面台に下げられている楽器は予備楽器のようです。
管楽器は全て右側にまとめられていた。

ちなみに、今晩のコンマスはキュッヒルさんでした。わーい本物だ(笑)。しかもピットの中で弾いてる(当たり前)。
Dscn0922s
クラリネット1番は、たぶんオッテンザマーさんだったと思います。

|

« お墓参りほか | Main | お墓参り2→ハイリゲンシュタット »

Comments

ぶっ、ブリン・ターフェルのドンジョバンニ……
羨ましすぎ、です。

Posted by: イーデン城 | 2007.01.31 11:50 PM

>イーデン城さん
ネットで調べてみました。こんなに有名人だったとは!
でも聴けてよかったです。

Posted by: Chirper II | 2007.02.01 04:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シュターツオーパー「ドン・ジョバンニ」:

« お墓参りほか | Main | お墓参り2→ハイリゲンシュタット »