« 難聴 | Main | 衝撃 »

2007.11.19

ひょっとして大発見?

難聴は完治しました。ご心配おかけしました。

さて、ベートーヴェン「第九」の第4楽章の758小節目は、謎の箇所である。この小節の前半では、AltoおよびビオラがCisを、木管がCを鳴らす。CisとCなので激しくぶつかる。
2001年にしみフィルで静岡TCF合唱団と「第九」をやったとき、この箇所に気付き、合唱団のK氏に質問したところ、「これは有名なCisです」ということだった。以前はAltoがCisをCで歌ったり(ビオラもCis-Cではなく、C-Cで演奏したりして)解決することもあったらしいが、最近は当然のことながら楽譜そのままで演奏することが多い。

今日、ふと「自筆筆はどんなんだろう?」と思って調べてみた。
こちらに自筆譜の該当箇所あり。

このページの最後の小節がこの758小節目。ビオラは下から6段目。
確かにVaはナチュラル無しなのでCis、木管(Fl, Cl, Fg)はナチュラル(Clはin Aなのでフラット)が付いている。やっぱり自筆譜でもぶつかっていた。

と思って自筆譜を眺めていたら、「あれ」と思った。
該当の小節の後半のVa、ナチュラルがついてCになっているが、その右斜め上に白丸が見える。点も2つある。この小節の後半は、明らかにCとDの付点2分音符の重音である。
ところが、今のスコア(ベーレンライター版)では、この部分はCの単音。

これってひょっとして大発見か!?w

問題の部分↓
Dai9

|

« 難聴 | Main | 衝撃 »

Comments

う〜ん、さっぱりわかりませんけど、
多分大発見なのでしょう。

Posted by: 小林麦酒 | 2007.11.19 07:07 AM

う〜ん、確かに!

しかし、ここまではっきり記譜されているのに、
これまでの版は、
何故CisとCで音がぶつかっていたのでしょう?
今回は、「新ベーレンライター版」ですよね?
再度原譜を見直し、改訂した、と聞いていますが、
見落としたのか、何か意味があって従来通りなのか?
う〜ん、やはりマエストロに聞くしかない?

それよりも、
ネットでベートーヴェンの自筆譜を見られる、
ということに、ビックリしました。
なんて便利な時代なんだろう・・・。

Posted by: Vettori | 2007.11.19 10:08 AM

確かに。
ほじくりだしたら、たくさん出て来そうですね。
昨年はベ版、今年はブ版で歌うのですが、指揮者のスタイルも重なって、まるで別の曲です。
音友のミニチュアスコア(大昔に買った)をみていたら、男性合唱の箇所が一箇所ベ版と同じになっていて驚きました。

Posted by: イーデン城 | 2007.11.19 12:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひょっとして大発見?:

« 難聴 | Main | 衝撃 »